岐阜済美学院 創立100周年

中部学院大学・中部学院大学短期大学部 ふぞく幼稚園

menu

食育について

食 育

食育とは、「食」に関する知識と「食」を選択する力を身につけ、健康な食生活を送ることができる人を育てることです。特に幼児期では、食が心身の成長と人格の形成に大きな影響を及ぼします。食育は、生涯にわたって健全なこころと身体を培い、豊かな人間性を育んでいく基礎となるものです。

  1. 01
    園が食育で目指すもの

    1. 人間関係とマナー

      教師や友だちと楽しい食事をすることで、愛情や信頼感を育み、自立心を育て、
      人と関わる力を養います。

    2. 健康づくり

      食べものと体の関係に興味をもち、「早寝・早起き・朝ごはん・朝うんち」の
      大切さがわかり、自ら生活のリズムを守ろうとする力を養います。

    3. 食への興味

      五感を使って実体験することで、食に対する知識を育て、自らも含めたすべての命を
      大切にする気持ちを養います。

  2. 02
    育てたい子どもの姿

    1. たのしく食べる子ども

    2. お腹がすくリズムのもてる子ども

    3. 食べることに興味や関心のもてる子ども

    食育は生活の中から

    野菜の栽培や収穫した野菜を使ったおやつ作り、身近な野菜を教材にした食育の時間など、子どもたちは日常の生活の中で多くの知識を吸収しています。なかでも給食の時間は、毎日繰り返し体験できる、とても重要な食育の時間と言えます。

  3. 03
    園の食育で大切にしていること

    1. おいしく楽しい給食

      五感をフルに使って食事を楽しみます。お箸の持ち方、食べる姿勢など、食事のマナーを身につけ、友だちと楽しく食事をします。

    2. 安心・安全な給食

      食材は主に国内産を使用し、手作りが基本です。だしは昆布とかつおでとり、食材の本来の味を大切にする薄味で味付けします。食物アレルギーの対応にも細心の注意と園の対応体制を整えています。

    3. 成長、発達に見合った給食

      幼児期は成長著しい時期です。個々の成長、体重の計測とその後の伸びを考慮しながら、エネルギーと栄養素の摂取量を決めていきます。成長に合わせた食品の切り方、硬さ、味付けに配慮します。

    4. 旬や日本の伝統食文化を伝えていく給食

      四季折々の旬の食材を使用し、自然の恵みを味わいます。日本食の主食・主菜・副菜を整えることで栄養バランスだけでなく、古くから育まれた食文化を伝えます。

    お弁当の日

    年に2回、お弁当の日を実施しています。
    園と家庭との連携を図りながら食育をすすめます。各家庭では子どもたちのお手伝いを促しながらお弁当を作ります。園では、お弁当を広げながら食材を学んだり、栄養のバランスをみたり、それぞれの年齢に応じた食育を行います。

食物アレルギー

基本的な方針

  1. 医師の診断・指示に基づいた
    幼稚園生活管理指導表の活用

    保護者さまと面談し、アレルゲンとなる食品を確認し、アレルギーの実態を把握します。食物アレルギー対応が必要な場合は、医師の診断・指示に基づいた幼稚園生活管理指導表を提出していただきます(正確な原因食品の診断に基づいた必要最小限の除去)。

  2. 安全に摂取できる食品の使用

    • 原因食品を食材として使用しない
    • 調理による低アレルゲン化
    • 低アレルゲン化食品の利用
    • 経口負荷試験による安全量の決定とその指導
  3. 耐性獲得後の適切な除去解除

    アレルゲンに対する耐性を獲得したときには、速やかに除去を解除します。

  4. 情報の共有

    • 園児を取り巻く全教職員、給食担当者が、保護者さまから受けた情報をもとに、日常の対応、緊急時の対応等を共有します。
      具体的な対応 → アレルゲンの混入、誤配を避けるために複雑な作業工程にならない対応
    • 園内における、全教職員対象の食物アレルギー研修会の実施とエピペン(練習用)の使用体験の実施

    具体的な対応

    1. 献立作成での対応
      • 同一献立による対応
        食物アレルギー児も給食を喫食します。そのためにも原因食品の使用を極力抑え、安全性を最優先します。
      • 原因食品を使用した献立は、使用していることが明確な料理名とします。
      • できる限り1回の給食で複数の料理に原因食品を使用しないよう配慮します。
    2. 調理での対応
      調理過程での混入を防ぐために複雑な作業工程としない工夫をします。
    3. 取り分け調理による対応
      調理の途中で取り分け可能な場合は、原因食品を加える前に取り分けます。
    4. 代替食品による対応
      加工品(調味料を含む)に原因食品が入っている場合は、原因食品が入っていない食品を探します。その食品がない場合は、除去対応、代替食対応を検討します。

食と健康の管理

  • 災害時に備えて

    1食分の食事と、1回分のおやつと飲料水を確保しています。

  • 成長を見守る

    毎月、園児の身長と体重を計測し、成長曲線を作成します。痩せや肥満を把握し、その対応に努めています。

〒502-0858 岐阜県岐阜市下土居2丁目28番28号
TEL.058-233-2254

[ 9:00〜18:00(平日)]

お問い合わせ